未経験でもチャンスはある

多業種への転職の場合には一般的に年齢が若い方が有利だとされています。そのため40歳からなどで未経験の転職の場合には企業に採用されるのは少なからず狭き門となります。

しかしプログラマーやエンジニアなどの技術職であれば認められるためには腕次第という面も強く、技術さえ身につければ遅くはないケースもあります。ただし年齢を重ねてからの転職にはリスクもあるため注意点を押さえてよく対策を練る必要があります。

まずプログラマーという仕事自体で言えば40歳以上でも働いている方はいらっしゃいます。そのため働き続けることは可能だと言えるでしょう。しかし新たに転職となると事情も変わってきます。前述の通りエンジニアが実力重視なのは事実ですが、その分採用試験に合格するためには自身の技術力を証明する事が必要になります。

20代前半であれば将来性に期待しその時点での技術が乏しくても採用される可能性もありますが、そうでないならば面接の場で即戦力として評価してもらうために自分でなにか作品を作ってプレゼンを行う事などの努力が必要になってくるでしょう。

また採用されたあともキャリア不足を補うための勉強は必須だと言えます。もし中々企業に採用されずプログラマーとしてキャリアを積めないという場合には、個人としてソフトウェアの開発を行うという選択肢もあります。個人開発者であってもスマートフォンアプリの開発で収入を得ている方もいますし、広告などを利用して利益をあげる方法もあります。

また個人エンジニアとして開発をするのであれば工夫次第では今の仕事から転職をせずとも副業として利益をあげることも可能なため、リスクヘッジにもなるでしょう。