アラフォーでプログラマーに転職

アラフォーでプログラマーを目指してもまだ遅くはありません。能力的には、仕事として若い人と同じようにやっていけるのではないでしょうか。

ですが、その他に給与的な問題があります。年齢が上がるにつれて給料が上がることが一般的となっている今では、人件費が多くかかってしまうため利益を上げることが難しくなってきています。そのことが職業としての平均年齢が下がっていっていることにつながっています。

職業としての平均年収は、20代では300万円、30代で400万円、40代で500万円が平均となっており、このことからも40代でプログラマーとして利益を上げるのは難しいことがよくわかります。では、40歳から働くことは不可能かというと、そうではありません。

よくプログラミングの能力は年齢によって衰えていくということを耳にしますが、実際にはおじいちゃんやおばあちゃんという年齢でなければ、そこまで衰えることはありません。待遇はあまり良いとは言えないかもしれませんが、プログラミングの技術や知識に自信のある方であれば、40歳からであっても雇ってもらえる会社はたくさんあります。

最近では50歳以上の方で、700万から1千万円以上の年収の人もどんどん増えてきています。フリーランスや個人事業として、クラウドソーシングサービスなどを利用し働いている方もたくさんいます。

40歳を過ぎているからと言ってやりたい職業を諦める必要はありません。あなたの努力次第で、何歳からでもプログラミングに挑戦することができます。