プログラマーに年齢制限はない

コンピュータの登場によって世の中の在り方が大きく変化したといっても過言ではなく、今は日常生活や仕事に関してなかった頃に戻ることはできないはずです。

計算から事務仕事、遊び道具としてもありとあらゆるところで必要とされていて、IT関連業種の伸びは今も勢いがあります。そしてプログラマーやウェブデザイナーといった技術職は会社勤めだけではなく、独立してフリーランスとして活躍することもできる可能性を持っていて、退職という言葉がなくなります。

また自宅で作業ができるので通勤から解放されるメリットもあり、能力があればかなりの需要が高い職業といえるでしょう。そういったことから転職を考える人も少なくはないのですが、どんな仕事にも言えますが年齢による壁を考えてしまい、なかなか実行に移せない人が多いのです。

では実際にプログラマーなどの技術職に年齢は関係あるのかというと、実力主義の世界であり、適性がしっかりとしていれば10代でも早くはなく、40歳からでも遅くはないと言えます。必要な技術さえ持っていれば、年齢によってこれまで培ってきた人脈が期待できるので、幅広い活躍が可能となります。

40歳ではじめてパソコンを学び、起業して成功したという例もありますので、ただ向き不向きはあって、こればかりは実際に学んでみなければわからないことです。40代なら適性チェックを受けて結果を見て、仕事を見ながら学んでみるのがおすすめの方法となります。